広島空港HIROSHIMA AIRPORT

お知らせ詳細

お知らせ 2021/09/10 旅客、および貨物ターミナルビル天井等 リニューアル工事の実施について

広島国際空港株式会社(「HIAP」ハイアップ)は、広島空港内における特定天井 リニューアル工事を実施し、自然災害への耐性強化により「安全・安心」の基盤をさらに強化いたします。
工事中、ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
当工事は、2021年7月1日の民間運営開始後、初めての大規模なリニューアル工事となります。今後も広島空港は、安全・安心を最優先に、より快適な空港に進化し、皆様に充実した時間を過ごしていただける空港を目指してまいります。

特定天井とは
吊り天井であり、下記のすべてに該当するものをいいます。
① 人が日常立ち入る場所に設けられている
② 高さが 6mを超える天井の部分で、その水平投影面積が200㎡を超えるものを含むもの
③ 天井面積構成部材等の単位面積質量(天井面の面積の1㎡当たりの質量)が2㎏を超えるもの

工事概要

全体工期

2021年9月13日~2023年3月31日(予定)

旅客ターミナルビル2階出発ロビー天井 東工区工期

2021年9月13日~2022年5月31日(予定)

旅客ターミナルビル 2 階出発ロビー天井 西工区工期

2022年4月1日~2023年3月31日(予定)

※東工区竣工時には、別途ご案内させていただく予定です。

施工場所

旅客ターミナルビル 2 階出発ロビー天井(下図)
 旅客ターミナルビル軒天井
 貨物ターミナルビル軒天井

旅客ターミナルビル 2 階出発ロビー天井旅客ターミナルビル 2 階出発ロビー天井

本リニューアルのポイント

① 特定天井を軽量かつ丈夫な膜天井に改修することにより、自然災害への耐性を強化
② 旅客ターミナルビル 2 階出発ロビー中央部分は「折り鶴」をモチーフに、「平和への願い」を表現

折り鶴イメージ折り鶴イメージ

③ 膜天井部分に間接照明を使用し、折り天井を立体的に表現

完成イメージ完成イメージ

本件に関するお問合せ先

広島国際空港株式会社 経営戦略部
TEL:0848-60-8108

ページトップへ移動