広島空港からのお知らせ
広島~東京(羽田)線の増便及び広島~札幌(新千歳)線への再就航について

2017年8月24日 更新

東京(羽田)便の増便について

10月29日から広島空港の運用時間が22:30まで延長されることに伴い、全日本空輸(ANA)が広島~東京(羽田)便を1便増便し、日本航空(JAL)と合わせた便数は1日17往復から18往復に拡大されます。
これまでより広島発東京発それぞれ最終便が約1時間遅くなるため、滞在時間を延ばすことができ、より便利になります。

【全日本空輸(ANA)広島~東京(羽田)線の概要】
(1)増便期間     平成29年10月29日(日)~ 平成30年3月24日(土)
(2)運航便数(ANA) 9便(往復)/日 ⇒ 10便(往復)/日
(3)最終便ダイヤ
  ~H29.10.28 H29.10.29~H30.3.24
広島発⇒東京(羽田)着 20:35→22:00 21:35→23:00
東京(羽田)発⇒広島着 19:30→20:55 20:20→21:50

札幌(新千歳)便の再就航について

広島~札幌便は、10月29日からANAが再就航し、機材が大型化されます。

【全日本空輸(ANA)広島~札幌(新千歳)線の概要】
(1)就航時期     平成29年10月29日(日)
(2)運航便数     1便(往復)/日
(3)運航ダイヤ
広島発→札幌(新千歳)着 札幌(新千歳)発→広島着
08:00 → 09:50 18:40→20:55

※現在就航中の広島~札幌(新千歳)線の株式会社エアドゥ(平成27年10月就航)は路線廃止

(4)機材(予定)   B737―800(166席)

広島空港トップページへ戻る